ドッグフードの種類

ドライフードメーカー / ドライフード+イン

トップページ| このサイトについて| サイトマップ| ご意見・ご感想

 
ドライフード+イン
ドライフードメーカー / ドライフード+インへのお問い合わせ
ドライフードメーカー / ドライフード+イン >> ドッグフードの種類

ドッグフードの種類

犬の食事

ドッグフードの種類には、大きく分けるとドライフード、セミモイストフード、ウェットフードいった3種類があります。
まずウェットフードは、75%以上の水分を含むフードのことをいいます。缶詰やレトルト、その他にはアルミトレーに入ったウェットフードがあります。肉や魚を主原料にしたものと、肉と野菜を煮たようなタイプがあります。どちらも水分が多く含まれている為に腐敗しやすく防腐剤や酸化防止剤などの保存料を入っています。
開栓前は密封されているので保存性には優れていますが、一旦開封すると日持ちしないといったのが特徴的ですので開栓後はなるべく早く使い切るようにしましょう。
しかし、ここ数年のウェットフードも開栓後の腐敗がわりと遅くなっているということは、かなりの量の合成保存料が添加されていることが分かります。ウェットフードに喰いつきがいいという声を聞きますが、これはウェットフード内に嗜好性の高くなる成分を添加しているからです。
セミモイストフードというタイプは、水分含有量が25〜35%程度のフードのことをいいます。感触が柔らかくソフトなフードです。水分を保つために湿潤調整剤が配合されています。しかしドライフードのように膨張剤を配合してはいません。
乾燥させてはおらず食感が柔らかいのですが、水分調整剤が入っているとはいえ、段々と水分がとんで乾燥してきますので少しずつフードが硬くなってきます。粒状のものやフレーク状のものなど様々な形のドライフードがあります。
セミモイストフードの仲間にソフトドライフードというものがあります。水分含有量はセミモイストフードと同じく25〜35%程です。セミモイストフードと違う点は膨張剤が配合されているということ。乾燥させてはおらず、水分を多く含んでいるのでややカビも生えやすいですので、保存方法には注意しましょう。

ドライフードは水分含有量が10%以下の固形タイプのドッグフードのことをいいます。極一般的に多くの飼い主さんが使用していると思われますのでかなり多く流通しています。何故なら、開封後に保存できる期間が長く、経済的に安い金額で販売されています。市販されているドライフードは原料面からして穀類を多く使用し低コストで押さえ、しかも大量生産され量販されています。
ドライフードは乾燥させて水分含有量が少ない分、お水を一緒に与えてあげる必要性があります。湯でふやかすなどをして与えると良いですね。

これらが長期保存可能な理由は防腐剤・保存料・酸化防止剤などの合成添加物が多く含まれているからです。
しかし、同じドライフードでも当社のチェックメートもreasonも合成添加物の使用をしていませんので添加物の特有の臭いなども全くしません。しかもチェックメートでは穀類を使用しておらず肉99.6%で出来ています。reasonは肉量を50%に抑えいますが内臓や軟骨、魚粉、北海道産ライ麦全粒粉に有機野菜、海藻、モリンガ、納豆菌、乳酸カルシウムを配合しています。当店のドライフードは安心できるドライフードです。
同じタイプのドライフードであっても、原料や添加物の有無など中身は大きく異なります。